鉄腕!DASH情報ですが

DASHのゲストにニノが来てました。

今回のテーマに昆虫?
クワガタとかカブトムシとか。

で、年代別に見ると、虫に触れない男性が増えてるて何度も出してきました。30代以下から特にね。

で、ニノが触れないとの事で、ギャーギャー騒いでました。


そうなんですねぇ。最近は若い子は男の人でも虫は苦手なんだ…。


農家の娘の母からすれば、しゃらくせえって辺りでしょうか。
私も新興住宅やマンションやらで育った身として虫が嫌いでしたが、「虫が自分より大きいあんたを怖がるのは分かるけど、あんたの方が大きくて力も強いのに何が怖いの」と何度も言われました。

一度コオロギが怖くてギャーギャー騒いだら背中に入れられたり。
それ以来虫で騒いではいけないと叩き込まれた訳です。

そんな私が一番好きなのは、芋虫。
蝶とか蛾とかの幼虫が好きです。
一番好きなのは、紋白蝶の幼虫。
尺取り虫みたいに可愛い緑で柔らかそうですごく可愛い。
f:id:meumeumeu:20190819012359j:plain
尺取り虫よりふっくらしててほんと可愛い。

…て熱弁できる相手が一切いないのですがね。


そのDASHに昆虫部が出てきて、幼虫好きな子がいたんですよ。女子で。
彼女は分かってる子です。

ヘラクレスオオカブトの幼虫を手で持ってて。
可愛い~て言っちゃいました。

いいなぁ昆虫部。
足がとれちゃうバッタとかトンボとか好きじゃないけど、芋虫好きだし入りたかったなぁ。

いや、入れなくてもいいよ。
芋虫友達が欲しいなぁ、て思いました。

あ、でも今日は長女が壁にくっついてた雨蛙の写真くれたからいいや。
家族の理解、有り難いものだものね。

【閲覧注意】コンポスト

コンポスト
ーとカタカナになってカッコイイ感じしてるけど、
あたしが知ってるのは「肥塚」

母の実家は栃木で農家をしていたのですが、
田舎らしく、肥塚がありました。
肥塚、栃木の祖父の発音だと「こいつか」て聞こえました。

雑草だか要らなくなった植物とか食べ残しとか全部そのスペースに捨ててました。
それこそ汲み取り式トイレもあったので、汲み取ったそれを天秤にかついでソコへ捨てる…とかのを無理矢理やらされた思い出もあります。
(勿論業者にも来てもらってたようだけどね)

つまり、なーんでもそこに棄てて良い、てスペースが有った。そしてその再現がコンポストなんですよね、私にとって。

小さいながらも自宅には庭があり。
ソコに蓋付きのバケツを買って、底を切って埋めて、コンポスト完成。

適当な屑野菜とか、食べ残して傷んだ物をポイ捨てしてました。

いつだったか、“ミミズで屑野菜の処理が早くなる”とか言うのを知って、釣り道具を売ってる所へ行って、4箱くらいミミズを買って、コンポストに投げ入れた事もありました。
いつの間にか居なくなってたので、土の中から逃げちゃったかなあ、と少ししょんぼりもしました。
まあ、基本放置ですし。

去年とか仕事がくそ忙しかったし、やっぱり放置。今年は夏休みが一週間あったので、冷蔵庫整理のためザカザカ廃棄食品を入れていた。

しかし、その蓋を開けると、バケツの内壁に白い芋虫らしきものがたっぷり張り付いていた。
たぶん、うじ虫なのかな?

暑さのせいか、蓋を開けると蠢きながらも地面へ向かって下がって行く。

そのまま、蓋を開けっぱなしにしたら、暑さで死なないかしら?と期待した。
翌日から台風の影響で雨が降る。コンポストの中は水浸しになった。
ウジ虫は?と廃棄食品を投げ入れるためにコンポストを覗くと、雨水がバケツコンポストの中に溜まっていた。
そしてその雨水らしき水面がさざ波だっていた。
うん、うじ虫の蠢きだな。

どうしたらこのうじ虫をどうにか出来るのかな。

殺虫剤を撒けば一発なんだろうけど…。
蝿が大量発生するのは嫌だし。
熱湯掛ける?
変に水があるってことは、蚊も発生しちゃうし。

調べてみたら、台所洗剤とか漂白剤とか書いてある。(そうだろうけど、こんな風に細かく書くのね。洗剤とかも毒(飲めない時点で毒じゃない)て判るし)
お酢も良いって。木酢あるな。これ全部かけちゃうかな。

殺虫剤は、うじ虫専用が良いらしいです。
あ、なんか、昔祖父の家で見た覚えがあるな。

とまぁ。
結構気持ち悪い事になりました。

ミミズも芋虫も割りと好きなんですけど、蝿になると思うと途端にうじ虫気持ち悪いて思う自分に何だかなぁ。
でも誰もやらない、私だけの趣味みたいものなので。

頑張ります。

夏休みらしく

お盆休みもそろそろ終わりますので。


子供達は旅行土産交換会がそろそろ開催される。筈。

今年はほぼどこも行ってないですからね。
お互いの実家は、県内で近場ですし。
どこかへ行かなければ土産が発生しないのです。

ので、行く気が全く無い中1女子を引き連れて
アートアクアリウムにいってきました。

そんなに広くないし、入場制限あるし、混んでるて聞いたたので、チケットは事前にセブンイレブンで買っとかなくちゃね、て思ったのが昨日。

チケットを買いに自転車乗ったのは千と千尋を見た後。日時指定を買おうかなて思ったけど、夕方の5時とかからしかもう無かった。

で、10時くらいに会場入りしました11時オープンのをね。
金魚入り水槽をライトアップ、です。基本。
f:id:meumeumeu:20190817214014j:plain

f:id:meumeumeu:20190817214124j:plain

f:id:meumeumeu:20190817214220j:plain


お土産に金魚のサブレと金魚の箱のチョコクランチ。あと当人希望で日本橋高島屋でおせんべ。
金魚のキャンディは売り切れでした。残念。

ほーら夏休みの体裁とれたよね?
大丈夫だよね?

「12人の怒れる男」から始まる

今だかつて、面白かった映画といって思いだせるタイトルのひとつに
12人の怒れる男

昔、母がテレビで見ていたのを一緒に見た。

誰もが有罪と疑わない証拠の揃った判決を、 1人の陪審員が異を唱える。そこから語られる事件のあらまし。検証される証拠や証言。陪審員一人一人の境遇や視点から、有罪から無罪へと引っくり返る快感。

多分、字幕で読んだのかもしれないけど、当時の私は息を忘れるように見入っていた。


それから10年位経ったのか。

12人の優しい日本人」に出会う。

12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

タイトルで目を引かれた。
当時無名な役者さんばかりで演じられた物だった。
明らかに“怒れる男”のパロディー。そのままレジへ持って行った。当時はビデオテープをレンタルしていた。

もし、「日本で陪審員制度があったら」と言うシチュエーション。日本人らしい、全員一致の無罪から、一人の男が有罪では?と言い始める。無罪から有罪へと一つ一つ変えるために状況を精査し始めていく…。

面白かった。“怒れる男”とは違って、緊張感の無い始まり。所々しょうもない人達がしょうもない事をして、日本のコメディらしいなぁて思ったり。
キーパーソンとなる長身の役者さんが格好いいなぁて思って名前を覚えた。その後何度も主役をはる方になった豊川悦司さん。トヨエツと呼ばれる前の作品を先に知れた優越感をこの作品で持てた。



さて、夏休みなのだが。
長女の勉強の手伝いに母が来ていたのだが、「法律事務所」と言う英単語の話から、“怒れる男”の話になった。

二人で“怒れる男”と“優しい日本人”の話になり、TSUTAYAのプライム会員の母がレンタルしてくるので再度見ようと請け合ってくれた。

“日本人”と“怒れる”を2枚持って、自宅に集合した。
長女は、私と母の話で12人の話に興味をもってビデオを見始めた。
携帯を弄っていた中1末娘から携帯を取り上げて「見ろ!」と命令。
導入部分ではブスくれたいたが、次第に引き込まれたようだった。

当時は忘れていたエピソードを再度見て、日本語吹き替えの声優さんの棒読みの感じ。まだ、声優という職業が確立していなかった頃の片言(カタコトと書きたいくらいに)な感じの下手さ加減を懐かしく感じた。
そして当時そこまで感じなかったスラムや人種への偏見。隠しもしないアメリカ人の物言い。「私がどう思おうと私の勝ってでしょ」と言い切るアメリカ人らしさ。そしてストーリーは勿論面白かった。

意外なことに中1女子と長女は、言い争う男達、殴り合いそうになるシーンでゲラゲラ笑った。ギャグマンガの喧嘩シーンに見えるのかしら。

“怒れる男”が見終わって、まだ9時を過ぎていなかった。

“日本人”は明日にする?と聞くと、もう一本!と長女よりリクエスト。
そのまま見始める。

“日本人”のだらけた、和やかな始まり方。
のっけっから、中1がゲラゲラ。
途中に中3男子が帰ってきた。
終始和やかに、しかしストーリーの変化や、笑われるだけのおじさんやバカにされていたおばさんの活躍。久し振りに見てやっぱり面白かった。
(トヨエツはなんか若すぎてちょっと気持ち悪かった)当時気が付かなかったが脚本は三谷幸喜。面白いはずだ。
現在は日本で陪審員制度も導入されている。実際にこんな風にやるとは思えないけど、社会の授業で習っている娘たちには身近な題材だったようだ。


2本連続で見終わって、

長女は“怒れる男”
中1末娘は“日本人”
中3男子は「12人の死にたい子供たち」を見たい
とのことでした。

“死にたい子供たち”も確かに映画化されていたな。あの話自体がそんなに面白くなかったから見る気は全く無い。

私としては「ハリーの災難」が見たい。ヒッチコックの。
私が今だかつて忘れられない程面白いと思っている映画、その3。
その4は「ローマの休日

“バリー”の話をすると、母は「あれは面白い!」と同意。また、借りてきてくれる事を請け負ってくれた。

あと2本、夏休みの間に見れるかな?

浴衣を着たくて

娘たちに10年くらい浴衣を着せるのを手伝って来たのだが、今年は自分に浴衣を買った。


欲しくてずっと眺めていたものを、とうとう買ってしまった。いわゆる着物屋さんで浴衣の試着をしたのが運のつきだ。


f:id:meumeumeu:20190812165328j:plain
ポリエステルで¥12,000
千円の帯を付けてもらう。

下駄はアーノルドパーマー(メンズ)の¥3,000を買った。
f:id:meumeumeu:20190812172613j:plain



勢いづいて、
ファストファッション代表のしまむらで帯とのセットが1,000円値下げで¥4,000
f:id:meumeumeu:20190812165834j:plain
実は帯は妹の物を拝借。
セットの帯の結び方が子供っぽいから使えないと判断。
千円帯は安っぽさに勝手に借りる。


娘たちに着せた、妹から貰ったもの。
帯は母の。
f:id:meumeumeu:20190812170113j:plain


私が子供の頃に勝って貰った浴衣。
f:id:meumeumeu:20190812170921j:plain
実はあんまり好きではない柄。でも、祖母が全部縫ってくれた。その当時は友達の白地の安い、可愛い浴衣を羨ましがった。


20代の頃、1度だけ母の浴衣を借りて夏祭りに行ったことがある。
まるで旅館の浴衣みたいでそれ以来着てなかった。

自分で選んだ浴衣は自分に似合っている気がしてるし、着方の練習のため、休みに何度も着たり脱いだりした。
この浴衣以外にも、いかにも寝間着な浴衣も着たから、5枚の浴衣に帯を変えながらのコーディネート。10回は着替えた訳だ。

おかげで、簡単な帯の結びかたはだいたい出来てると思う。浴衣のまま車に乗って娘の塾の送り迎えと部活の練習試合の迎えに行った。

「ママ、今が外人さんが、凄い驚いた顔してたよ!」

浴衣(着物)で運転は見たこと無かったろうね。

まだ、浴衣で出掛けたことはない。
今度の土日の夏祭りか、花火大会で着て出てみようか…

そう思って先日の夏祭りと花火大会はやっぱり行かなかった。
さて。

本日の最高気温は38度くらい?

暑いですね。夏ですね。酷暑ですね。

最高気温が35度を上回る地域が多いようですね。
流石にクーラー無しで過ごすとマジで熱中症がヤバイので、嫌でもかけてます。
ウソ。クーラーがかかっている場所に吸い寄せられてます。

イヤでも、クーラーつけて寝るの、今日で4回目。

だって付けたまま寝ると喉痛くなるからね。
扇風機使って寝たのは一回。(羽音がうるさくて苦手)

一昨日はね、とりあえず30度にクーラーを設定したんです。
それだって最高気温より低いし。気温より設定が低ければちゃんと動くしね。

で、起きたら暑かったー。
やっぱり暑いんですね。暑くて目が覚めるって。
エアコンの風が動いていてもやっぱり暑い。
寝ている内に熱中症になるかもしれないから、もう少し下げなくちゃかな?と思って自室から一歩廊下へ。
廊下の方がもっと暑い。

なるほどー。現在の気温は30度以上かー。
そもそも暑いんですね、二階だしね。気を付けなきゃね。

と。起きるから部屋のエアコン消そうと思ったら
「暖房 20度」

ん?あれ?暖房設定になってる?

暖房20度より、暑い2階の廊下


うん。
暑さには気を付けなくてはね。
スイッチもね。

一応反省。

依存性とか

「セックス依存性になりました」
ウェブマンガ。

Twitterのまとめから知りました。

センセーショナルな題名に引かれて、読んでみました。

浮気を繰り返し女性関係のトラブルを起こし、彼女から怒りの暴行を受け、受診を切っ掛けに「セックス依存性」と診断される。

そこから治療が始まるのだが、
性的なものに依存している状況や
自分の状態の受け入れ、その手段を紹介している。

といっても、全然、進まない。
何故なら、
「セックス依存性は治らないので、一生付き合っていかなければならない」ものだそうだ。
どうやって社会生活と折り合いをつけれるかを探る所で、いろんな手段の紹介から始まるし(宗教っぽくて嫌だなぁて主人公は思ったり)グループセッションを受けると他の人の存性の症状を聞いたり、トラブルに巻き込まれたり…

とまぁ。

人生かけての話だしね。
なかなか進まないし、終わらないよね。


今回、「依存症とは」と言うところに興味をもった。

このマンガのテーマでは、セックス依存性なので、その説明が主なのだが、
「性欲が無くてもセックスをしてしまう」
「セックスをしたくないのにしてしまう」
この状況に依存性が良く現れているなと思った。


私は、多分に依存症気質だと自覚があるのだが。

本や漫画を読んでいて、遅刻することが良くあった。何度も読んだ本や漫画が読み飽きて、つまらなくても読み返したり。
又、過食症の気もある。食べたいものがなくても、食欲がなくても、食べ物があればひょいと口にいれる。食べ過ぎて気持ち悪くなっているのに、食べたいとも思わずに食べている。

成る程、私がだらしなく辛抱がなく、先の見通しが立てられないから、
遅刻する程漫画や本を読んでしまうし、
ずっとのべつまくなしで食べ続けているのかと思ったが、
依存気質で起こったことなのかも、と思った。

また、アル中やセックス依存症と、社会的に分かりやすい(分かりやすく蔑まされやすい)依存先は目に留まりやすいが、ありとあらゆる物が依存対象になり得る。
トリガーを引かないように距離を置いたり、症状が出た時の気の紛らす仕方など、依存対象との付き合い方が探れるのはありがたい情報源だなと思った。

作中で「クロスアデイクション」という言葉が出てきた。
主人公はセックス依存症だが、アルコール依存もしている可能性があると言われる。
2つの依存症を抱えてる事が描かれていて、そのときの主題としては、アル中は支えてくれる人(認めてくれる人)がいるかもしれないけど、セックス依存症は性犯罪に繋がるから、無理だ!と絶望するんだけど。
この描写は私には、依存対象は、一人に一つではない事の証明に思えてしまう。
その人の環境によって、依存対象は限定されやすいけど、そもそもその人が依存体質だからなるんじゃないか。(誰もがそうなりやすい環境てのは勿論あるだろうけど)


依存対象は、快楽を感じられる物が多いと思うけど、何だかその快楽をきちんと受け止められないからかなーなんてことも思う。
神経物質のパスが神経細胞同士に上手く出来てないせいで、とかね。

何でこんな事言ってるかと言えばね。
薬を飲んでる間は、全く食欲が湧かないからなんだよね。
んで、食欲なくても、食べてた私としては、食欲と関係無いところに過食があったんだな、思ってしまう。だってアル中の人に坑酒剤を服用してても飲んじゃう描写を見たことあるし。

んで、今年の1月に国内初のアルコール依存症における飲酒量低減薬が出たらしいけど、以下説明。

「飲酒の1~2時間前に服用することで、中枢神経系に広く存在するオピオイド受容体調節作用を介して飲酒欲求を抑え、アルコール依存症患者さんの飲酒量を低減する薬剤」

ね、なんか読んだことあるよーな説明文。

そんな訳で、暫くこのマンガのいく末を見守る予定。

関係ないけど、「依存症」て「いそんしよう」て読むのね。
アボカドみたい。