今年の夏の工作

今年は。

えーと、

①バッグの持ち手が取れそうなのを、手縫いで補修。
合皮だったし、ワンショルダーだったし、何より3000円だから、仕方がないけど、デザインが気に入ってたのに一月で持ち手が取れそうになるって、安かろう悪かろう過ぎる。ので、補修した。
が、もう既にその補修も糸がほつれ始めている。次の手を考えなければ。

②近所のハードオフで売っていた婦人物のワンピース。を、どうにか衿とか袖とか詰めて、末っ子の小5女子のサイズにした。
どうせ100円、どうせ来年着れなくなる、で適当にミシンをかけて出来たもの。
小5女子は気に入ってくれたが、すぐに気温が下がって着れなくなった。
仕方ない。でも、衿、型紙とバイアステープがあれば、どうにか誤魔化して作れる事が判明。面白かった。

③姪が遊びに来たので、暇潰しに買った泥団子キット。
予てより光る泥団子を作りたかったので、一袋600円位したが買った。
コツは如何に丸い泥団子を作るかが鍵。
キットのお陰で、光りはするが球体出ない部分があまり美しくなぃ。球体の型も売ればいいのに、と思った。

④中3女子と中1男子の夏休みの宿題の写生を二枚。完全悪事。イヤでも楽しかったし、途中めんどくさくなったけど、やっぱり楽しかった。昨日学校公開で絵を見に行った。中学生の絵に混じって、私の絵が張り出されているのは本当に面白い。
そして、美術の先生はデザイン科だったことを聞いていたが、クラスの中で評価されている絵は、構図の面白さと色彩の鮮やかさが美しいもの。そして色の塗り方がポスター塗り?て感じのパキッとした感じのが多かった。イヤ、夏の風景だから色彩がハッキリしているべきなんだろうな。私が美術の先生からは5円玉の穴より同じ色にするな!て指導を思い出して書いてたけど。指導の先生によって違うんだろうなぁ。
など、楽しかった。これ、宿題じゃないから楽しいんだろうな。

尚、夫は主に工作…貯金箱や生活便利グッズを作っていた。以前から良く子供の工作を手伝うでもなく作っていたけど、夫の実家に行ったら理由が分かった。夫の実家では、図画工作は手伝うのが頭り前だったらしい。鳥籠を、竹藪に入って竹ヒゴから作り始める工作好き一家だったらしいから、子供の工作は教えるつもりになって奪って楽しんで手伝ってあげたらしい。

ドラマで昔そんな話を見た覚えがあったけど、本当にそんな家があるんだと少しびっくりした。なるほど、それなら仕方がない
だから私もしていいんだと安心した今年の夏。

カラコロと鳴らせ

閉店セールをしていた店で、男性ものの下駄を買った。

白地に濃紺の波模様の鼻緒と天板の濃さが気に入って購入。f:id:meumeumeu:20170916220641j:plain

最近、クロックスタイプのサンダルは足が蒸れる気がして気になっていて、こっちはきっと涼しいだろうと。

夏祭りの帰り道、履き慣れない下駄で足が疲れたのを思い出したが、その時の歩みと同時に鳴っていたカラコロ。
あれをもう一度やりたかったのさ!

ジーンズに合わせて履いたら、すかさず中3女子に「それ、おかしいよ」と言われる。

イヤそんなこと無い。これでいいんだよ!

早速履いて歩いたのだがあんまり鳴らない。

底がゴムだからかなぁ?

「歩き方が摺り足で、ももが上がってないからだよ。」
「もも筋もっと意識して上げないと。」
「その内、畳みのヘリでつまづくよー。

なんと!
もも筋の筋力低下のせいで!
イヤでも履くけどね。

閉店セールに立ち寄る

元は確か国道で今は県道で、バイパスが出来てから交通量が減ったその道、の傍らにあった雑貨屋。

雑貨屋と言うと、可愛らしい店と勘違いさせてしまうが、
倉庫を店舗にして、店員は地元のおばちゃんとおばあちゃん、売り物のメインは地元の人対象の婦人服、紳士服。
それの人達の孫ら子にに与える為の学用品やら服やらお菓子やらが安価で置いてあり、高い天井で空調があまり効かず、冬に行けば決して上着は脱げない、味気ないコンクリートが床のお店。

かくゆう、私も地元のおばちゃんなので、娘息子の下着や服をたまに買った。
普段は車で10分程のショッピングセンターへ行くのだが、近場で済ませたい時に掘り出し物期待しながら自宅から近いその店を行き、そして大概はがっかりしながら帰る、
を繰り返していた。

そんな店だが、この度閉店するらしい。
今迄一度だって閉店セールをしたことがないこの店。本当に閉店。
そして今正に閉店セール中。


店内のあちこちに、「○○%off」の値札が付いた商品が並んでいて、でも店の奥の方は既にパーテーションで区切られ整理が進んでいるのが分かった。

値札を眺めていると、黒いショルダーバッグ100円で50%off
つまり50円!

と、一瞬テンションが上がるが、ビニールで出来ていて大きいリボンの付いたそれを、どう考えても私は使わない。小学生の明に買おうか、末の娘に渡そうか、色々シュミレーションしてみて…買わないことを決めた。

そして大して安くもなっていなかったが、男性ものの下駄を自分用にレジへ持っていった。


支払いをしながらお店の人に確認して見ると、地元で一番大きな駅の…そこから歩いて15分の場所に移転するらしい。
そんな場所へは、行けないと思った。
でも、あの大きな駅の近くは土地も高いから仕方ないんだろうな。

あの駅の方なんて凄いですねぇと相槌をうつと

「でも、店舗は今より小さくなっちゃうんですよ。」と。

そうなんですかぁ、と応えながら益々行かないことを確信する。



実はこの店は多分元クラスメートの一族のものの筈なんだが。

小学生の頃、その子の名字の付いたテニスコートや、アパートがあった。この店の名前もそうだ。
あの頃は彼女の親が経営していたから、クラスメートのお父さんのお店と思ってここに立ち寄っていた。

彼女にいた筈のお兄さんが、代替わりをして、ここを畳むのを決めたのかも。
そんな事を勝手に想像した。

全て妄想ばかりで立ち寄っていたこの店はもうすぐ無くなってしまうのだ。

桃を抱いて帰る

我ながら馬鹿馬鹿しいが、スーパーでは桃を買ったことがない。

桃は果物の中で一番好きなのだが如何せん高く、手が出しづらく、安いバナナが目につくからだ。
だからいつも桃の香りに店舗に入った時から気が付いたとしたも、その値段を確かめて、うーんと唸って、終わらせる。
インスタント食品やお菓子に比べて安いのに何故か買う気にはならない。


その癖、駅前でトラックを道に止めて販売してる時には、眺めるつもりが、少しだけ、と思っていても大体買い込んでいるんだ。

今日も、小さい桃を3個300円で売っているのを目に入れたせいで、大きめな桃を6個1,000円分買った。

「こっちの方が大きいよ」
「もう終わりだから、ひとつおまけね」
なんて、ありきたりな売り文句に乗って、千円札を渡したのだ。
最初に「食べきれないから」牽制を店主と自分にしたはずなのに、実家に二つ渡せば良いと思って買ったのだ。

しかも今日は「会社からの最寄りの駅前」。
これから電車に乗って帰らなくてはならないのに。

サービスで袋の中に足された桃は、やっぱり少し熟れすぎていて、実が柔らかかった。
なるべく何処へも当たらないように気を付けながらビニール袋を腕に下げていた。
その内どうにか座席に座れ、そっと膝の上にビニールを乗せる。6個入ったビニールは脚の上で安定が悪く、腿を緊張させて
崩れ落ちない様に気を付けた。

袋から香る桃。これはきっと熟れすぎていて皮を剥いたら茶色くなっている。
帰り道で必ず実家に寄って渡そう。
帰ったら直ぐに冷蔵庫に入れよう。

冷えて甘く瑞々しい桃を思い描きながら、
ビニール袋を抱え続けた。

視力とメガネ

40の声を聞いて以来、視力がガタガタと落ちていったのだが、最近また酷くなってきていた。

初めて視力の落ちを実感したのは、月を見た時だった。
乱視が進んだせいで、遠く小さい月が二つ重ならずズレたままで、直ならなくなっからだった。

メガネを初めて作った夜は、もう2度と綺麗な月を見れないんだなぁと、思った。
でも、もう、その時の気持ち自体は忘れてしまったんだけど。

メガネの度も進んだお陰でメガネの有り難みを実感して、
でも、やっぱりメガネに疲れて、
仕事帰りの最寄り駅から自宅までの10分ちょっとをメガネ無しで自転車に乗る。

メガネをはずした瞬間に、締め付けから解放される。それと同時に水の中に潜る時の様に空間が歪んで見える。高い気温と湿度のせいに思える。

面白いのとちょっとかなし。

酢烏賊

Suicaでもなく
西瓜でもなく。

ホントにこんな商品があるとは知らなんだ。

セブンイレブンでの
最近のお気に入りのオヤツ。

f:id:meumeumeu:20170722194356j:plain

「よっちゃん酢いか」とか有名なのもあるのね。
あたりめとか、しょっぱいのばかりしか知らなかった。

一袋辺り66k㌍なのも素敵ね。

中1男子

6/8(木)
塾の居残りのため、退出が遅かったので、帰宅が遅れ11時近く。

6/12(月)
塾の迎えには夫が車で行っているが、その退室が遅く、小一時間待たされたとのこと。
訳を聞けば、宿題をせずに塾へ行った為、居残りをさせられた。
その為夫は自宅近くのファミレス駐車場にて説教をする。その間二時間近く。
帰宅は12時前だった。
先週も同じことが確かあった。説教は分かるが長すぎる。夫に改善を求めるべきだが。

6/14(木)11:45
携帯に着信があり、画面を確認すると中学校だった。担任からの連絡で、「学校に来ていない」とのこと。

今日は体育祭の朝練があって、その為に朝、早目に学校に出たのだが、その後、家に戻ってきた。驚いて訳を聞くと、「朝練だと思ったけど、間違った。」

そのまま学校に居れば良かったじゃない、戻りな、と言っても
「いや…」と言って押し黙る。
私も出勤時間が迫り、家を出たのだが。

近居の実家に電話を掛けて母に確認してもらうと、居間で寝ていた、とのこと。
どうにか起こして学校へ行かせる様に頼んだが、母が何度起こしても、反応がなく、「昏々と眠って起きない」
もう一度起こして学校へ行かせる様に頼んで、仕事に戻る。
自宅に戻ってその後の様子を聞くと、全く起きれずに眠り続けているとのこと。
学校へ休ませる事は連絡済み。
そのまま、朝まで目が覚めなかった。

6/15(火)
朝6時半には目が覚めたようで、一緒に朝食を取る。
昨日、学校を休んだのは良くないことだと軽く言い含める。
体育祭の全学年合同練習の為、多少早めに家を出たので、行く気がないようには見えず、特に様子は変わらない。

6/19(水)
同じく行く気がないようには見えず、特に様子は変わらない。

6/20(木)
体育祭当日。
早めに起き、自分で弁当の用意をして出ていく。水筒を持って行かずにペットボトルに水を詰めていく。ボトルは?と聞いても、こっちで良いとそのまま鞄に入れる。
自分で用意したものにケチをつけられるも嫌だろうとそのまま見送る。

6/21(金)
休校日。
夕方から塾へ行く。
帰りはそんなに遅くならずに帰ってこれた。

6/24(月)10:00
偶々トイレに行こうとすると、携帯に学校から連絡があった。
担任から、また「学校に来ていないのですが」

実家へ連絡、様子を見て貰いがてら、登校への手助け、学校への連絡の依頼、午後に実家への確認、と先週と全く同じく手順を踏む。そして先週と同じく眠ったままで起きずにいると報告を受ける。
母は「おばあちゃんが言っても起きない、て事だよ。」と。
自宅に戻っても、やはり眠り続けている。
夫に連絡し、説教時間の短縮の要請をする。


翌朝6時に起こし、学校を休んだことへの説教を非難と怒号を交えてする。そのまま、洗濯物を干すのを手伝いをさせて、朝御飯の用意をさせる。

私の出勤時間に合わせて登校させて、校門まで着いていく。
校門前で別れるが、登校指導の先生に訳を話、暫く一緒に登校する事と経緯を説明した。


それから一週間程、一緒に登校したが、
朝の手伝いをしてもらうのはこちらとしては助かったし、食器も同じタイミングで洗えるのが楽になった。

今迄、いくら起こしても「まだ間に合うから起きる必要がない」という意識があり、8時近くに起きるようだったのが素直に起きるようになった。

そもそも最近寝床に漫画を山積みにして、電気を付けっぱなしだったり、夜中に起きて居間に下りてYouTubeを見ているのを知っていた。しかもその内容がエロ系。
夫の説教のせいだけでなく、夜更かしをして寝不足が続いていたのだ。
以前に主治医から、「新しい環境である中学生活に疲れているようですね」と言われていたのを思い出す。現実逃避に必要なものでも、それがもとで、身体を疲れさせるのをほっとくのは本末転倒。
止めさせ、正に早寝早起きの生活改善、起き易くもなった。

更に少し早めの登校をすると、その内友達とかち合うようになり、その瞬間に私は少し離れて見送る様にするが、見てると楽しそうなので、見送りの必要性も感じなくなった。


たかだか2週間程の出来事だったが、疲れた。

取り合えず、朝の手伝いの習慣がこれでついたのは良かった。