読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛙の合唱が開始。

家から見えるくらいの近所に田圃はあるが、そこは水は張っていない。
だから、どこかそう遠くない田圃の水が張られたはず。

そのせいで蛙の声はまだ少し遠く、来たのはまだアマガエル1匹。

どこから来たのか、蛙は水場無いせいで、雨水の溜まった汚い瓶の中から顔を出していた。

早く、そこの田圃に水が張られれば良いな。
そしたらもっと大きな声の蛙の合唱が始まるのに。

何て思ってたら、どなたかが歌ってらっしゃる。
トゥーランドットだ。
女性の声の「誰も寝てはならぬ」も悪くないな。


その内に水も張る。