読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若中展

若中展
行って来ました。
ミーハーです。

丁度、魯山人のもやってるらしく、
どっちにしようか迷って若中。
あの暗い絵を見ない方が後悔するんじゃないかと思って若中。

知ってるのなんて、
鶏の絵と
樹花鳥獣図屏風だけ(笑)
それで行こうとするアタクシ、ある意味猛者。


行ってみたら、
チケット買うのに10分、
中入るのね80分待ちとか(笑)

平日なのにねー(白眼)


でも、
本を読みながら待ってたら、
そんなでもなかったけど。


鶏の絵、見れました。
鶏の絵カッコ良くて。
羽根の一枚一枚、鱗の一枚一枚、
描き込まれて細密な、と形容されるのを見れた。

でもなんだろ、違和感も。
デッサンが狂ってるんじゃないか?て思うけど、デッサンのデの字も欲わかってないですけど。なんか、ゆがんでる。よーな。

胸の羽毛の流れとか膨らみとかを見ていて、まるで折り紙で作られているような気持ちになった。
二次元から三次元へ無理矢理直した、みたいな。

立体画の技術が西洋がに比べたら無いからかな?とか思って、下手だなぁなんて、思ったり。

鶏の白い羽根を、白い輪郭のみで塗り潰さず描いるのは、暗めの下地?に白い羽根が、透明感に感じたり。なだか蜻蛉の羽根見たいだったな。

細かく描いてるのは「変態だよ」と言ってる人が居たのも頷いてしまった。


で、その後に
樹花鳥獣図屏風。

モザイク画みたいなCGみたいな例のアレが。
緻密に描こうとか、写実とかじゃないデザイン一本釣り!な世界が急に開けた感じだった。
もう、そのギャップに。

なんつーか、
振り幅が広くって、凄いー!としか思えなかった。

と、知ったかな
浅い知識を口走る程に楽しかったです。

お土産買うのに又1時間並びそうで、諦めて帰った事はちょっと後悔しました。
ゾウの絵が書いてある、日本酒。
買えば良かったなぁ。