読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰る頃には

大分、日が延びから、明るい内に帰れるようになった。

今日はどれくらいに帰るだろう。


少し早めに家に着けるなら
帰り道、水路の脇を通る時、燕の旋回が見れる。

油断して遅くなれば
夕方が始まってしまったら、蝙蝠がパタパタと飛ぶ頃になる。

さぁ、今日はどっちだ?

と思った瞬間に、茂みから雀が一羽飛び立った。


この子だけ?ねぐらが近くにあるのか?

燕も雀も蝙蝠も、どこかにねぐらがあるんだろうけど、それぞれどの辺にあるのかしら?
何て考えながら本屋に入って。


店を出る頃には、すっかり暗くなって夜だった。


月が綺麗だったから良しとした。