読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しい人

彼女は背も低く、猫背で、顔に浅く深く沢山の皺が刻まれていたけど。
白い髪とその上に乗った帽子は、白く乾いた顔に良く似合っていた。

私は当然のようにジーパンを履いているけれど、彼女は少しがに股に開いた足をスカートの中から出していて、低い白いパンプスに肌色のストッキングの足を納めていた。
ジェラルディン・マクイーワンに似ていた。


「どうすればあなたみたいな素敵な女性になれますか?

「それはね、歳をとることよ」