読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諦めて好きになる

初めて聞いた時から好きだったけど、好きなるのは、結構しんどい事です。

だから、わざとそれ以上は追いかけも調べもせずに、知らん顔して、偶然に出会った時だけ、その時だけを大事に記録して何度も再生する。

その内他にも好きな物があったから、そっちを追っかけたり。
それは、美しかったし好きだったから、楽しかった。
それを見つけたら、わあ!と歓声を上げで喜んで、好きだなぁ好きだなぁとバカみたい騒ぐ。
追っかけて行っても騒いだ。

その時も、居た。
楽しんだ後に出てきた。

そして自分が楽しんだかも分からない程のあっという間の時間を過ごした。

その後、恐る恐る少しだけ追っかけた。
何度も何度も繰り返し再生しても何の苦痛もなく、その度に良いな、と思った。

諦めて過去を遡って探して調べて取り寄せて。
何度も繰り返し。

何もなくても頭の中でも再生する。ずっと頭の中で鳴っている。
この時私は何をして居たのかな。
何故はもっと早く探さなかったのかな。相変わらずグズでバカだな。

荒さや、その時代や、若さや。
感じながら、苦々しく思いながら切なく楽しむ。


その美しい程の力を感じ楽しめば楽しむ程に、自分を、自分が。


あぁ、終わればいい。
早く終われば。