読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪に色を塗る

五連休だからと言い訳に乗って、マニキュアを買ってみた。出来れば濃紺のか群青とかのマニキュアが良かったが、ない。 仕方なく薄目のブルーにスパンコールの入っているものにした。小学生の娘が白のラメと水色のラメ。除光液を一本。 買い過ぎかとも思うが…

「ロセアンナ」マルティンベックシリーズ感想

読み終わった。1960年代のストックホルムの話だそうです。 全裸の女性の水死体が発見される。 地味な作業捜査が開始され、ゆっくりと犯人へ近付いて行く。文章も地味です。 登場人物の描写も、ラノベ馴れしてしまうと、地味。 でも、淡々と進む文章が何故か…

「ロセアンナ」マルティンベックシリーズ

面白いんだけど。 ストックホルムが全く理解出来てなくなんか、進まないよ。 地図が巻頭に付いてるんだけど、分からないし。もやもやするわぁ。 お陰で進まないよ。

夏休みっぽく。読んで、見た

①ツバサ (CLAMP) 昨日、100円コーナーにCLAMPのツバサが売ってたから全巻買って、3000円弱点。昨日と今日で一気読み。 お疲れあたし。腰痛し。CLAMPさんの、なんつーか分かりやすい話は割りと嫌いだし、からだか細長すぎて痩せすぎなのも好きじゃないし、ア…

帰り道で買い食い

ボロボロになってきて、着心地の悪いブラジャを買い換えました。しかしそれまで既にあちこち歩いて、多少の疲労感と空腹感。 万年ダイエッターとしては、おやつ食べずに、さっさと軽い夕飯を済ますべきです。 でも買うけどね。 で、良心の呵責を少しでも軽くしよう…

雨のなかを歩く

まだ雨は降っていない。 午後からは降るらしい。なぜこんなに雨ばっかりなの?と聞いている小さい子とお母さんの会話を聞いた。 ツユだからだよ、と応えるお母さん。 ツユってなーに?と、会話が続く。私はそこまで聞いて電車を降りた。 あの後、あのお母さん…

忍びねぇ

て、事で不忍池に行ってきた。 冬に歩いて行ったことがあったから知らなかったけど、蓮がデカかった。水面から3㍍位は立ち上がってる? 蓮の葉が50cm 位? 形が正方形に近い分、里芋の葉っぱよりデカく感じる。お釈迦様はデカい人なんだね (仏ですが) 何と…

さよならかえる

蛙、全滅。田圃から拾ってきた蛙、ほぼ全滅。 全滅する前に、放す。蛙、蚯蚓を嫌うので食べず&、食べ過ぎでシボウ、がショック。アリンコもっと用意できればよかったんだろうけど。 だんご虫好きじゃなかったみたいだし。反省。ごめんねかえるちゃん達。ペ…

バレンタインに踊れ ガトーショコラ作る

焦がした。 オーブンがうちにないのが、一番の敗因だよなー。

バレンタインデー無視。エクセルシオールのスパイシーショコラ好きでした

エクセルシオールのスパイシーショコラ。グリューワインのイメージだそうで、 グリューワインの作り方はなんだらスパイスを煮詰めたのをワインに投入→出来上がり!らしいですけど。 スパイシーショコラもなんだかスパイシーな味でした。オレンジピールとか、…

作成 博物画の鬼才 小林重三の世界

小林重三さん。 博物画家? よく分からないけど。東京町田にて3月1日までやってるらしい。 鳥の三大図鑑の挿絵を描いた方だそうですが。博物画と言うものをはじめて認識したなぁ。でも、考えてみれば、色んな辞典の挿絵画家が存在したんだよね、元々。魚も動…

雨の日だからパンを焼く

昔に買った、 冷凍庫に入れっぱなしの強力粉を、 見る度にいつか、と思っていた。今日は雨だったし、外に行く気もないし、で、パンを作ろうと思った。一番簡単なレシピを見ながら、でも、イースト菌は当然なくて、ドラッグストアかスーパーか迷って、近場の…

ハゲ、見られる

前提ぽっかりと頭頂部前方に500円玉ハゲがあり、それをスタイリングによって隠しているが時々髪型がずれてハゲが露になる。 露ハゲ条件髪がその部分を覆わない場合は当然ながら、 髪が少し湿った感じになると、ハゲを隠す髪に束感が出て、その分露になりやす…

小ハゲネタ③

最近の口癖(ちくしょう! どいつもこいつもフサフサしやがって!)を心の中で。

ハゲ広がる

退くも引くもない事を 退っ引きならないてゆーそうだが。言いたかっただけ。いや、単にハゲか広がっただけですけどね。 ハゲ分布図は描かない載せない。 なぜなら自分でハゲを黙視していないから。ま、ひとつは頭の手前側にあるのでそこは確認。登頂部を便宜…

小ハゲネタ②

会社のパソから、ハゲ治療について検索。そのせいで、アタシのパソの広告、 スカルプDやら、薄毛やら、そんなキーワードばっか。すいません会社のパソ汚して。 その後皮膚科検索したら、美容整形系がやたら出てか来よる。なんかもー。すいません。 個人的な…

小ハゲネタ

ハゲを小2が見つけて「ハゲてる!」と口を押さえて悲鳴のように。ハゲてるって言ってるじゃん。「だってひどいよ…?」頭の髪の毛を掻き分け、「あぁー、ここも…ここもある…」と、悲壮感漂う声で実況。最後にハゲを見えないように髪で隠してぽんぽん。と頭を…

クリスマス特番つまらん

つまらないから、サイト見て日記書いてる。 安売りチキンとヒロタのシューアイスとミニシュー。お腹一杯のクリスマス。おやすみなさい。

ハゲ治らず、つづく

もうそろそろ3ヶ月?最初は漢方。 あんど、液体窒素。ネクスト皮膚科。 塗り薬&薬。一ヶ月後。 セカンド皮膚科から塗り薬バージョンアップ。 塗り薬で、指が荒れた。治らじ。だが、生理が良くなった。 生理痛皆無。 経血は量が減り、塊がなくなった。 テレビ…

ハーゲハゲハゲ、ハゲたゼー。

マジハゲた。 イエイ。 ネタじゃねーぜ。ホントだぜぇ。(杉ちゃん風)←古)いやー、色々辛かったことがありましたがね。 禿げる程とはね。ビックリだわ。 リアル豆腐メンタル。すげえわ私。 【第一週目】 取敢えず、その周は忙しくて何も出来なかった。 でも高いシ…

カロリーメイト・プレーンのせいで

案の定。クッ。ポテトがなくなっていた。 最後のポテトを取ったら、その後ろにはプレーンが控えてて、棚の上のストックはポテトしかなかった…。 分かっていたけど…夕飯にカロリーメイトポテト味、食べちゃった。 次からは通販かなぁ…

夜長

貰った柿を届けに、徒歩2分。公園の脇を通る。 9時を回っていた。遠目に、ブランコが大きく振れているのを気付く。 誰かが、ブランコに乗って漕いでいる。公園の真ん中の一本の外灯で、ぼんやりとした光の中、ブランコを漕いでいるのは中年の女だった。 彼女…

カロリーメイト・プレーン食べた

ドヤ顔です。仕事の合間に買ってこそこそ食べた。フルーツみたいな、でもそれより柔らかい乾燥リンゴが入ってました。食感がなんだか軽いので、パフなのかな?ナッツなのかな。そんな感じもしましたけど。生地は薄めの甘さ。 フルーツ派の人は好きも知れません。 私…

赤く、秋が

栗を拾いにおいでよと誘われ、車で一時間かけて遊びに行った。久し振りに土手沿いの道を通れば、夏に青々とした草はなりを潜め、薄茶色の斜面の所々に彼岸花が咲いていた。もう、そんな頃なんだ。 そう言えば、陽射しは強いがすっかり空気は軽い。あそこの彼…

「ゴーギャンはレーサー」びじゅチューン

もうさ。 井上涼さんはさ。天才でいいよ。 「鳥獣戯画ジム」も「ファッショニスタ大仏」も大好きだけどさ。 「ゴーギャンはレーサー」はもうなんか凄い。歌声がSARUとかに聞こえちゃった。 ラップ?あれ。 ラップタイムとかから来てんの? 素敵。我々はどこから来た…

草を毟る

庭の草は手つかづのまま、自由に生えて夏を謳歌していたに違いない。 なんの植物から知らないが、地の土は全く見えずに覆い隠し、時折来る風にゆらゆらと身を任せ、あまり日が当たらない狭い庭は緑一色。おかげで小さな虫達も大いに繁殖をした筈だ。だって鈴…

カッコウと聞こえた

バサササ、とまるで大きな鳥が降りて来たような音がした。 開け放しの窓の外から聞こえたな、と思う次には カッコウ、カッコウ、と。まるで、テレビから流れてきたように、はっきりと聞こえた。驚いて隣の庭を覗いたが、さっと鳥が飛び立つ影が見えただけだった。ああ、…

雨降り

一緒に夜の動物園に行こうと思ったのに、雨が降ってしまった。やむか?やむか?と何度も確認したが、やはり止まないばかかりか、今は激しい雨。諦めて、新しくできた本屋へ行く。 図書館の様に広いらしい。コーヒーも飲もう。

堪能せよと

駅が見えた辺りで電車も見えた。だが階段から電車が行ってしまったのが見えた。ホームに降りて携帯を忘れたのに気がついた。 戻る程の時間はなかった。湿度が高くて汗もかけずにだるかった。 髪もその湿度のせいで広がってしまって、もやもやと全てうまくい…

滑稽

滑稽や恥を共に楽しめるのは、愛の他何かあるのか。

ラブリー!

昼間は暑かったけど、涼しい夕方を自転車で自宅へ向かう。自宅近くの中学校の近くまで戻ってきた。 もう少しで家だ。 ふと見れば。 縁石ブロックに中学生男女が背中合わせに座っとる。ナニアレ! ラブラブ!? 青春?! もー!!と、視線を反らせた。 ら、前…

描きたい衝動

朝の七時に電話が鳴った。寝坊して、その音で起きたが、電話は取らなかった。多分、母から。風は雨はやんで空が明るくなってはいたが、風が強いのか?電車が止まったのかもしれない。そんな事はすぐに忘れて、朝餉の準備だ。 味噌汁と生卵だ。急がなくては。…

黒い車に乗って行こうと

雨!と歌う曲がドライブにぴったりだと思い付き、古本の処分を今から行こうと、九時を回ってから家を出た。 雨は強い。 空も暗い夜だ。黒いアスファルトが雨で黒く濡れている。 これから黒い車に乗ってドライブだ。エントランスからアスファルトに降りたら、…

雨の日

せっかくの雨の日だから、買い物に出掛ける。春先に着たジャケットと冬に買ったエドウィン。 紛い物のフロックス、ゴムのサンダルを履いた。雨は夕べより弱くなってる。 でも駐車場を覆われて水溜まりは大きい。 本当の平の面は、あれなんだよね。車から降りる度にさ…

母の庭から

ジューンベリー。ほんの少し頂く。 デラウェアのように甘い。身が柔らかく、口のなかで簡単につぶれた。 皮とトゲが口に残る。でも気にせず飲み込む。おいしかった。

紫陽花を食む

急に紫陽花に気がついた。雨露に濡れる前に、夕暮れが来る前に、そこかしこの庭やフェンスの脇にから顔を出している。まだ小さく色の足りないのもあるが、鮮やかな青を見せるものや、紫色に赤く染まったアジサイもあった。 花弁と思えるあれが、顎なのは知っ…

スカート

結婚前に買ったスカートを久しぶりに履いた。スカートなんて、これ以外に持っていないよ。 おとは式典用のスーツのスカートばかり。 オフホワイトの踝までのフレア。 裏地もついている。高かったんだよな、多分。車の乗り込む度、裾の始末に気を使うも、足に触るさらさら…

蛙の声が大きく

蛙の良く鳴いている。 田んぼの水も貼って暫く経ったし、蒸してもいるし。もうすぐ稲も育てば水田の水鏡も見えなくなってしまう。蛙の卵でも探しにいこうかな。

潰れずに飛んだ

シャツの胸に止まっていた小さい虫を摘まんだ。 柔らかい体を想像して指の間で潰れるかと思ったがつるりと固かった。 指を開けば、虫は指の先を狭く一周して飛んだ。 ゼンマイ式の玩具の様に自動的な小さな円だった。 何も音がしないのが不自然なくらいに。 ジ…

今日の帰りに

まるで、夕方とは思えない程明るい夕方だった。この分なら、つばめの見れる時間に帰れる。そうは思ったけど、雨で自転車は濡れていたし、空気もやっぱり湿っていた。 どうだろうか。少し急いで、水路の道まで自転車を走らせる。 雨上がりのアスファルトの所…

帰る頃には

大分、日が延びから、明るい内に帰れるようになった。今日はどれくらいに帰るだろう。 少し早めに家に着けるなら 帰り道、水路の脇を通る時、燕の旋回が見れる。油断して遅くなれば 夕方が始まってしまったら、蝙蝠がパタパタと飛ぶ頃になる。さぁ、今日はどっ…

蛙の合唱が開始。家から見えるくらいの近所に田圃はあるが、そこは水は張っていない。 だから、どこかそう遠くない田圃の水が張られたはず。そのせいで蛙の声はまだ少し遠く、来たのはまだアマガエル1匹。 どこから来たのか、蛙は水場無いせいで、雨水の溜まった…

やってはいけない

出勤前に本を読む。あたしばか。 (遅刻せなんだ) (良かった)

遮る物のない窓から

ここに越してから5年は過ぎた。 でも、まだこの部屋にはカーテンもない。さっきまで、月が見えていたのにもう見えない。 夜が明けたから。 (朝が月をたべてく、だ。)夜明、だけど曇り。明るくない空だ。あと少し、もう一度寝る。

おはようと挨拶を

この時間の電車には、小学校の時同じクラスだった子が乗る。自転車でその子を追い越すこともあるし、 すでに電車のイスに座ってるのを見つけて手だけ振ったり。今日はホームでまさに乗り込む所を、後からぽんと叩いて挨拶をした。 別に特に親しい訳でもなか…

女の子が二人でお花を

染井吉野はすっかり散って緑ですが、近くの公園には八重の桜がまだ咲いてました。柔らかで少し色の濃い花びらが重なる八重も、可愛いなと眺めました。 それもだいぶ散り進んで、花が形を保ったまま地面に落ちていました。少し濡れた黒い地にピンクの花が。 …

美しい人

彼女は背も低く、猫背で、顔に浅く深く沢山の皺が刻まれていたけど。 白い髪とその上に乗った帽子は、白く乾いた顔に良く似合っていた。私は当然のようにジーパンを履いているけれど、彼女は少しがに股に開いた足をスカートの中から出していて、低い白いパンプ…

耳を塞ぎ、音楽を身に纏う

歌を沢山入れたウォークマンを鞄に入れた。 音楽を持ち歩くのは殆んどしたことない。いや、前したことあったけど。アルバムを、丸々入れて聴いてる内に、大概酔うんだ。イヤホンが耳の中に詰まって、そこから出てくる音に頭痛がいつの間にか始まってしまうんだ。同…

諦めて好きになる

初めて聞いた時から好きだったけど、好きなるのは、結構しんどい事です。だから、わざとそれ以上は追いかけも調べもせずに、知らん顔して、偶然に出会った時だけ、その時だけを大事に記録して何度も再生する。その内他にも好きな物があったから、そっちを追…

増税前に無駄使いを

欲しい本があったのを、やっぱり我慢せず本屋へ。 夕飯も食べずに車で出掛けた。 「世界で一番美しい」写真集を手に取った。全く、なんの役にもたたない、そのうち飽きて全ても読まない、美しい写真集。あんまり触ると手の跡がついてしまうから、そっとペー…