梅雨の前に

梅と新生姜を漬ける。

新生姜は味噌に。
甘酢には漬けたこと無いんだけど。
甘酢も美味しそうだなぁ。ま、そのうち。
味噌はここ毎年。

味噌に漬けだ新生姜は細かくして、ご飯に混ぜ込んで、おにぎりにするのが好き。


梅は砂糖と酢で、シロップに。
梅酒を漬ける方が多いけど、私はジュースで十分だ。


最近、食欲が復活してきた。
元気になってきたのかな、私は。

無糖コンディスミルク

甘くてトロリとしたコンディスミルク

の、砂糖の入ってない物。

エバミルク、だそうです。



それを、久し振りに行ったスーパーで、
「濃縮ミルク」という名前で見つけて購入。

コンデスミルクよりサラッとしたものの、でも、黄みがかって濃厚です。

昔、コンデスミルクを缶で買って、苺にかけて食べたけど、この濃縮ミルク(エバミルク)はどうして使ったか思い出せない。

多分、料理に…ハッシュドビーフとかにかけたのかな?

バニラアイスを買いたかったのだが、このエバミルクに氷を浮かべて飲んでも美味しそうだ。

念のために、普通の牛乳も買う。
ヨーグルトも。

乳製品が食べたいのだな、私は。


自宅に戻り、うきうきと氷とマグとミルク。

飲んでみたら、濃かった。
↑当たり前

牛乳を足して、濃度を下げて飲み干した。

170mlをそうして飲みきったが、現在、お腹の調子が悪い。

「牛乳を飲んで、お腹がゴロゴロする」のは初めてだ。

美味しかったが、もう、やめよう。


いや、でも美味しかった。
バニラアイスみたいだっなぁ。

疲れた

疲れたから、
一瞬、田んぼ近くここに寝転んで、蛙の声を聞きながら寝たら、気持ち良さそうだ、と思う。

けど、雨が降ってきた。
諦めて、家路をつたう。

食べ過ぎで、腹が重い。

韮のように長い水仙の葉や、
柏のように大きい紫陽花の葉を食みたくなる。

爽やかな苦味を想像しながら、家のドアを開ける。

疲れた。

この花の名前は

今週のお題「植物大好き」

近所は昔ながらの戸建ての家が多く、ガーデニングブームのお陰もあったのか、庭木が美しい家が多い。
家から最寄り駅までの間の道で植物を眺めるは楽しいが、その名前を調べるのが、割合に難しい。

花ならば、なんとか調べられるのだが、その葉のみとなるとなかなか。

実家の庭には梅と柿があった。
通年眺められるその木の若葉も花も実も楽しんだから、梅の花からあの梅干しの元となるものが出来るなんて、と驚く人に驚き、柿の若葉もの柔らかさと明るいライトグリーンを主張しても、照柿の橙色と、黒ずんだ緑色の葉をセットに覚える人にはピンとこなくて、なるほど、と納得をする。

花ならば、と言ったのは、今は若葉の季節で、様々な植物の緑を楽しめているからなのだが、全く名前の分からないものばかりだから。

昔の落ち葉マークのような形をした大きな葉は何だろう?と去年も一昨年も思ったし、小さな葉をびっしりと繁らせた低木にも何だろう?と思うばかりで。

で、今年、やっと気が付いた。
落ち葉マーク型の葉を持つあの木は白木蓮。こないだまでそこで咲いていたからだ。
小さな葉の低木はその内鈴蘭に似た花も咲き始めて気が付く。秋に紅葉するドウダンツツジだった。

1年通して、その植物を好きだと思うことにやっと気が付いた。

40㎏弱

小4女子にもたれ掛かれたら重い。
体重は40㎏弱。
もたれ掛かれた、だけなのになぁ。

隣で寝てて、脚を乗せられて、目が覚めたり。

産まれてから10年弱で13倍かぁ。
重くて辛い。

そろそろ蛙が

最近の天気は蒸々としてて、梅雨のようだ。

今朝も、家を出たらアスファルトが黒く濡れている。
そう言えば、夕べ、雨音がしていた。だからだ。

少し冷えた空気の中を歩き、駅へ向かう。
ストールをすれば良かったと後悔した。


田圃の脇の細道の近道へ、いつものように向かう途中。

蛙の死体があった。

黒いアスファルトの上に、白けた死体。
もう、こんな季節なんだ、と思う。

ぺちゃんこになって、ばんざいをして仰向けの死体は
蛙の死体らしいな、と思った。

こんな細道は車は通らないから、
誰か、人か自転車が踏んだ?

朝からちょっとしたミステリーだ。

若中展

若中展
行って来ました。
ミーハーです。

丁度、魯山人のもやってるらしく、
どっちにしようか迷って若中。
あの暗い絵を見ない方が後悔するんじゃないかと思って若中。

知ってるのなんて、
鶏の絵と
樹花鳥獣図屏風だけ(笑)
それで行こうとするアタクシ、ある意味猛者。


行ってみたら、
チケット買うのに10分、
中入るのね80分待ちとか(笑)

平日なのにねー(白眼)


でも、
本を読みながら待ってたら、
そんなでもなかったけど。


鶏の絵、見れました。
鶏の絵カッコ良くて。
羽根の一枚一枚、鱗の一枚一枚、
描き込まれて細密な、と形容されるのを見れた。

でもなんだろ、違和感も。
デッサンが狂ってるんじゃないか?て思うけど、デッサンのデの字も欲わかってないですけど。なんか、ゆがんでる。よーな。

胸の羽毛の流れとか膨らみとかを見ていて、まるで折り紙で作られているような気持ちになった。
二次元から三次元へ無理矢理直した、みたいな。

立体画の技術が西洋がに比べたら無いからかな?とか思って、下手だなぁなんて、思ったり。

鶏の白い羽根を、白い輪郭のみで塗り潰さず描いるのは、暗めの下地?に白い羽根が、透明感に感じたり。なだか蜻蛉の羽根見たいだったな。

細かく描いてるのは「変態だよ」と言ってる人が居たのも頷いてしまった。


で、その後に
樹花鳥獣図屏風。

モザイク画みたいなCGみたいな例のアレが。
緻密に描こうとか、写実とかじゃないデザイン一本釣り!な世界が急に開けた感じだった。
もう、そのギャップに。

なんつーか、
振り幅が広くって、凄いー!としか思えなかった。

と、知ったかな
浅い知識を口走る程に楽しかったです。

お土産買うのに又1時間並びそうで、諦めて帰った事はちょっと後悔しました。
ゾウの絵が書いてある、日本酒。
買えば良かったなぁ。